電子タバコおすすめ

電子タバコとは?

巷では「電子タバコ」という表現をしたり、英語で「Vape」(ベイプ)と表現したりしますが、基本的には同じ意味です。

 

電子たばことは、乾燥葉や、液体を電熱線の発熱により霧状化する装置です。英語圏では、装置はヴェポライザーと呼ばれることで、電子たばこによる吸入を俗にVape(ヴェイプ)と呼びます。

 

「リキッド」と呼ばれるフレーバーの付いた液体を「コイル」に電気を通電させることで発熱させ、「水蒸気」を発生させる機械のことを言います。構造としては以下のようになっています。

 

電子タバコの構造
  1. アトマイザー(液体を貯めておくタンクまたはカートリッジ)
  2. コイル(電気を通して発熱させる電線)
  3. バッテリー(主にリチウムイオンバッテリーユニット)
  4. 吸い口(ドリップチップと言います)
  5. リキッド

現在ネットやVapeショップで売られている電子タバコの「スターターキット」の各種は上記の①~④が全てセットで売られており、⑤リキッドさえ購入すればすぐに吸えるという商品がほとんどです。

日本で言う電子タバコは2種類あります

人によって色々な分け方があるのでしょうが、日本の場合分かりやすく分類すると以下の2種類に分けることができます。

 

Vape(電子タバコ)

電子タバコJPvapor i-1600Series

JPvapor i-1600Series

電子タバコFrienbr Cloud17

Frienbr Cloud17


 

「Vape」については、「リキッド」と呼ばれる液体を電気の熱で蒸発させることでフレーバーを楽しむ製品です。リキッド自体にはニコチンは含まれておらず、タバコでは無いため、たばこ税もかかりません。

 

海外ではニコチン入りのリキッドが販売されていますが、日本では法律で固く禁じられており、個人利用目的に限って、海外からの輸入は認められています。(転売・譲渡は厳禁)

 

よって「Vape」は基本的にニコチンによる精神安定効果が得られないので、禁煙にならないと考える人も多いのです。代わりに300種類以上のフレーバーと、紙タバコやIQOS、Ploomtechと比べて比較にならない「煙の量」を楽しむことが出来るので、タバコとは全く違った「新しい嗜好品」として楽しむことが出来ます。

 

この先進的なイメージがクラブシーンなどでパリピなどの若者やハリウッドセレブに人気の理由かもしれません。

 

IQOS、Ploomtech(加熱式タバコ)

加熱タバコICOSの画像

ICOS

 

Ploomtechの画像

Ploomtech

 

IQOS、Ploomtechは製品としてニコチンを含んでおり、日本の法律では紙タバコと同じ「タバコ」に分類され、たばこ税がかかります。

 

基本的な構造はベイプと同じですが、「リキッド」の代わりに「タバコカートリッジ」を使い、実際のタバコの葉を蒸気にしてニコチンを吸う商品となります。もちろん未成年の使用は法律で禁止されています。

 

タバコの最も有害な物質である「一酸化炭素」と「タール」を大幅に減少させたことで、日本で爆発的人気となりました。

使い捨て電子タバコランキング

使い捨て電子タバコランキングへ
トップへ戻る