電子タバコと喫煙所

電子タバコの喫煙所。関する法律/条例は?

電子タバコの喫煙所

 

結論からいいますと、日本で市販されている電子タバコのリキッドは、ニコチンが入っておらず、「たばこでは無い」ので、未成年者が吸ってはいけないという法律は、ありません。

 

また、現在のところ電子タバコの路上喫煙や、レストランなどの屋内での喫煙規制も無いことから、「誰でも・どこでも」吸うことが出来てしまいます。

 

ただし、注意していただきたいのがiQOS、Ploomtech、gloなどの「たばこ」に分類されるニコチン入りの電子タバコです。これらはれっきとした「たばこ」ですので、タバコ税もかかるし、未成年の喫煙は禁止されています。

 

iQOS`などを路上で吸った場合の罰金などは、自治体によって分かれています。例えば、東京都千代田区では路上喫煙禁止の条例にiQOSなどの新型タバコも含むとされています。

 

iQOS, Ploomtech, gloなどの新型タバコ

上記のような、法律的にも「タバコ」に分類される電子タバコは、ニコチンを含んでおり、煙には受動喫煙の健康リスクがあります。

 

また、臭いも喫煙者に向けて、出来るだけ「タバコフレーバーを再現」することを目的にしている商品なので、嫌いな人にとってはとことん嫌いでしょう。これらを使用している方は、面倒くさくても喫煙所を利用したほうが、罰金のリスクや、周りの人とのトラブルを防止する上でも懸命だと思います。

 

はたしてリキッドを使う電子タバコはどうか?

日本ではニコチン入りのリキッドは市販されておらず(個人輸入のみ認められている)、Vapeショップで普通に機械とリキッドを購入して使用する場合、全く「タバコ」には当たらないので、どこでも、誰でも簡単に吸うことが出来ます。

 

筆者の個人的見解ではあるのですが、ざっくりと言ってしまえば、「香水をぷんぷん強烈にさせている人」「ガッツリにんにく料理を食べた人」「電子タバコを吸う人」は同レベルだと思います。会社や学校でにんにく臭ぷんぷんの人がいても心の中では「嫌だな…」と思っても、それを理由にケンカになったり、警察を呼ばれたりすることはないでしょう?

 

あとは、それぞれのモラルの問題というわけです。筆者自身会議に出るときや、友人の家に招かれたときにおもむろに電子タバコを取り出して吸ったりはしません。ただし、周りに喫煙所がどうしても見つからないときは、路上で吸う事はあります。

 

 

ここからはさじ加減の議論になってしまうので、これ以上はやめておきますが以下の場所では控えたほうがいいかもしれませんね。

①会社のデスクや会議室

②紙タバコが禁煙のレストランやホテルのロビー

③公共交通機関

 

電子タバコの今後の規制動向

有名なフィリップモリス(マルボロなどのブランド)も、2030年までに紙タバコの販売をやめるという発表をしている通り、今後徐々に紙タバコは減少していき、火を使わない新型タバコに変わっていくと思われます。

 

現在は規制の緩い自治体や地域も、次第に規制が入っていくでしょう。そのかわり、紙タバコの喫煙所のような煙だらけで、耐えられない環境も減っていくと思います。

 

今は過渡期ですから、電子タバコユーザーにとって喫煙所は苦痛でしかないでしょうが、頑張って我慢しましょう。さりげなく、紙タバコユーザーに電子タバコをすすめてみるのも手だと思います。

 

さて、いかがでしたでしょうか。紙タバコのように、ガチガチにルール化はされていないまでも、吸う人も吸わない人も気持ちよく過ごせるように、電子タバコが不当に「規制しろ・規制しろ」と言われないためにも!最低限のマナーを持って、楽しみたいですね。

 

使い捨て電子タバコランキング

使い捨て電子タバコランキングへ
トップへ戻る