eGo AIO(Joytech社製)の電子タバコ

eGO AIO(Joytech社製)5つのおすすめポイント

電子タバコeGO AIO(Joytech社製)

eGO AIO(Joytech社製)

 

とにかくすぐ吸える

本製品は、バッテリーとアトマイザーが一体となっており、細かい組み立てや設定は不要です。リキッド注入も上から注ぐトップフィルタイプなので、すぐに使うことが出来ます。

 

あとは、パフボタンを5回連続でクリックすれば電源が入り、パフボタンを押している間通電されるので、そのまま口にくわえて吸うだけです。

 

リキッドが漏れない

リキッドの漏れは、非常にイライラします。カバンかポケットに入れて外に持ち出す場合、途中で漏れたりするとベタベタになってしまいますし、リキッドのフレーバーは香水のように強いので、ずっとそのにおいが残ってしまい、非常に不快です。

 

でもeGO AIOなら、アトマイザーを取り外す部分が無い一体型なので、漏れる場所がなくほとんど100%漏れない製品です。(筆者は3か月使って一度も漏れたことはありません!)

 

バッテリーの取り扱いが非常に簡単

前回、リチウムイオンバッテリーの取り扱いについては注意をしたところですが、本製品は取り外し不可の一体型バッテリーの為(スマホと同タイプ)、面倒くさい扱いは不要!PCのUSBポートから、そのままケーブルでつないで充電するだけ。

 

満充電オートカットオフ機構もついているので、過充電によるリスクも防ぐことが出来ます。安全性は第1に考えなければならない為、初心者には非常に使いやすい製品でしょう。

 

味・煙は紙タバコ以上

最後は気になる味と煙の出方ですが、紙タバコ以上は出ます。しかも、もし皆さんがニコチンリキッドを入れてタバコのように吸いたい場合は、非常に適した電子タバコです。

 

昨今流行りの「爆煙タイプ」は非常に楽しいし、吸いごたえがありますが、残念ながらタバコの代わりにはならないので、禁煙したい人には向いていません。もし禁煙には成功したけど、電子タバコを吸いたいなら、また別で紹介する爆煙タイプをお考えください。

 

値段が比較的安い

eGO AIO(Joytech社製)

ネットショップで確認すると、値段は概ね3、500円~4、500円です。爆煙を狙っていくようなModが6、000円~10、000円であることを考えると、非常に安価ですね。

 

タバコで言うと10日分くらいですから、これから禁煙を考えるにあたっては良い投資です。eGO AIOでまずは、10日間タバコを我慢してみませんか?

 

お気に入りのアトマイザーを見つけて、安全に楽しく美味しく電子たばこを楽しみましょう!

 

 

使い捨て電子タバコランキング

使い捨て電子タバコランキングへ
トップへ戻る