Vapeニコチン入りリキッド

ニコチン入りリキッドとは?

ニコチン入りリキッドとは文字通り、「ニコチンが入っているリキッド」のことを指します。アメリカやヨーロッパなどでは、むしろこちらが「主流」で、ニコチン無しリキッドはかなり高電力をかけて爆煙を楽しむ、トリッカーやドリッパー向けに喉や肺にニコチンが入りすぎないようにするためのものと言えます。

 

同じブランドの商品でもニコチン濃度は好みで選べるのが特徴です。多くのメーカーは1mg、3mg、6mg、9mg、10mg、12mg、18mgと選ぶことが出来るので、自分の以前吸っていたタバコのニコチン濃度に合わせて選べばよいでしょう。

 

ただし、蒸気で吸うニコチンは火をつけて吸う紙タバコに比べて、人体へのニコチン吸収効率が悪いので、やや高めのものを選ぶとご自身の吸っていたたばこの感覚に近づくと思います。個人的感想にはなりますが、下記が主な早見表です。

 

リキッド

紙タバコ

1mg

該当なし

3mg

1mg

6mg

3mg

9mg

6mg

12mg

8mg

18mg

12mg

 

ニコチン入りリキッドの取り扱い

ニコチン入りリキッドの取り扱いは、通常のリキッドと比べて細心の注意を払いましょう。日本では法律で禁止されていることも頷けます。

 

まずは保管方法。絶対に子供の手の届かないところに保管するようにしてください。誤って飲んでしまった場合、量によっては死に至ります。猛毒です。

 

次にコイル、リキッド交換の際の注意。ニコチンは皮膚からでも吸収してしまうので、コイル交換や洗浄の際にリキッドに触れないようにしましょう。

 

予防法としてはゴム手袋で作業をすることです。特に濃度が高めのリキッドを使う場合は気を付けてください。

 

最後に、喫煙頻度です。タバコと違って無くなりませんし、またiQOSと違ってタイマーがセットされているわけでもありません。つまり、いつまででも吸い続けることが出来るので過剰にニコチンを摂取してしまう恐れがあります。

 

紙タバコ1本あたりの吸いこみ回数は平均で14回。そのくらいを目安に、それ以下を目指しましょう。

 

ニコチン入りリキッドの購入サイトについて

最後に個人輸入サイトを紹介します。数あるサイトの中には偽物を提供したり、商品を送らないなどと言ったトラブルがあるので、安心して購入できるサイトを選びたいものです。

 

購入するサイトの目安

設立して3年以上は経っている

クレジットカードが使える

日本語が変な翻訳がされていない

 

筆者おススメサイト

https://www.healthy-s.net/joyetech/
Healthy Group 設立5年の老舗。複数回購入しましたが、問題ありませんでした。ここに限らず、上記条件にあてはまるサイトを選びましょう。

 

さて、いかがでしたでしょうか。ちょっと怖いイメージもあるニコチン入りリキッドですが、紙タバコを一生吸い続けるよりは、タールを摂取しないだけ健康リスクを低減できるかもしれません。(個人判断)

 

これからどんどん喫煙者にとって肩身の狭い世の中になってくると思いますので、非喫煙者のことも考えて、たばこより周りの方への影響が少ない電子たばこをおすすめします。

 

高額な商品ではないので、1度試してみてはいかがでしょうか?

 

使い捨て電子タバコランキング

使い捨て電子タバコランキングへ
トップへ戻る