電子タバコで禁煙

電子タバコで禁煙!

今まで何度も禁煙にチャレンジしては失敗した経験はありませんか。昨今にわかに注目をあびる電子タバコ。あなたのタバコが止められない原因をみつめなおし、電子タバコを活用した楽々な禁煙、減煙方法を紹介します。

 

あなたが禁煙が出来ない原因は以下の2つ

 

ニコチン中毒から来る吸いたいというストレス
食事後や休憩の一服などの「行動習慣」
禁煙する明確な理由がない

 

ニコチン中毒に関しては、禁煙外来で医師の処方、薬局で買えるニコチンパッチやニコチンガムなどで克服できるかもしれません。

 

しかしながら行動習慣。これは非常にやっかいです。何年も体にしみついている癖なので、仮にニコチン切れをおこしていなくても、ついついタバコに手を伸ばしてしまいます。

 

例えば、打ち合わせ後に同僚やお客様と缶コーヒー片手に談話する時、飲み会の席でビールや焼酎と一緒に。または、朝起きて一番の一服など。これ、止められませんよね…これらの違和感に耐えられなくなった時に、「タバコが解決してくれる」と思い込んでいるから、禁煙が失敗します。

 

また、タバコを吸う一連の動作である、火をつける→吸いこむ→肺に煙を入れる→吹かす→消すという行動は他の行動では代替できません。そのため、ガムや飲み物では満足が出来ず、禁煙が続かない原因だと言われています。

 

歯磨きは毎日意識しなくても行うものです。さぼると気持ち悪いくらい生活に密着しています。習慣とはそれぐらい身についてるものです。習慣にしていたものがなくなると、生活していく上で違和感を感じる事があります。禁煙する上で、これが挫折の原因となります。

 

禁煙する理由が曖昧ではいけません。ここぞという時に、踏ん張りが効かないからです。自分が禁煙する明確な理由が無い場合には、恋人や家族など大切な人の為だと考えることも大事です。また、禁煙することで浮いたお金の使い道を考えるのも、禁煙継続のモチベーションになるでしょう。

 

 

電子タバコなら両方解決できる!

電子タバコを上手に活用すれば、上記2つの禁煙出来ない原因を一度に解決することが出来ます。電子タバコとは、電気を使ったコイルの発熱でリキッドと呼ばれる液体を蒸発させ、その蒸気を吸うデバイスのことです。

 

余談ですが、フィリップモリスから販売されているiQOSや、JTのPloomtechのように、タバコの葉そのものを加熱または、加熱した蒸気をたばこの葉に通して吸うタイプも大きく言えば電子タバコの一種です。

 

ニコチンを含んだものであることから、日本では「タバコ」と扱われ、たばこ税もかかります。

 

これら電子タバコの一番の特徴は、タバコと同様の行動がとれるという事です。

  1. 火をつける(スイッチを入れる)
  2. 吸いこむ(吸い込む)
  3. 肺に煙を入れる(肺に蒸気を入れる)
  4. 吹かす(吹かす)
  5. 消す(スイッチを消す)

この一連の動作により、疑似的にタバコを吸っている気分になり、禁煙において一番難しい「行動習慣」を無理に克服することなく、禁煙を始めることが出来ます。

 

禁煙はとにかく我慢することと考えていた方にとっては非常に朗報です。普段通りにタバコを吸う代わりに電子タバコをトライしてみてはいかがでしょうか。

 

「ニコチン中毒」はどうやって克服すれば良い?

ニコチン中毒に対しては様々な方法があり、禁煙外来を受診することも可能ですが、ニコチン入りのリキッドを使い、電子タバコで禁煙を試してみるのもおススメです。

 

日本ではニコチン入りリキッドの販売は規制されており、店頭でも国内のインターネットサイトでも購入することは出来ませんが、個人輸入・個人使用に限り認められています。

 

今一度あなた自身で禁煙が出来ない原因をみつめなおし、特にその原因がつい吸ってしまうという「行動習慣」にあるのなら、電子タバコを活用し、楽々無理せず禁煙・減煙にチャレンジしてみませんか

 

なぜ電子タバコで禁煙できるのか

電子タバコで禁煙できるようになる理由の一つに、その「手軽さ」があります。心理的なハードルが低いことは、物事を継続する上で大切な事です。

 

また、「喫煙の習慣を捨てなくていい」のは、大きなポイントとなるでしょう。精神的な負担が少ない方が、禁煙は成功します。

 

電子タバコの特徴
  • 火をつける必要が無いため手軽に吸える
  • 灰や吸い殻が出ない
  • 服や部屋に匂いがつかない
  • リキッドにはタバコ風味やメンソール風味のものがある
  • リキッドは10mlで約3500回ほど吸える(水蒸気量による)
  • リキッドは15mlで1,000円くらい
  • リキッドのネット購入が可能
  • 味が豊富で飽きにくい
  • 吸い込む事で口が寂しくならない
  • 交換部品の入手が容易

吸った後の周りの手入れのことも含めて考えると、紙巻タバコに比べて圧倒的に手間がかかりません。一度電子タバコを吸い始めると、段々紙巻タバコを吸うのが「面倒」になってきます。面倒に感じるようになれば、もうこっちのものです。電子タバコを、歯磨きと同じような感覚で習慣にしてしまうのです。

 

日本で「電子タバコ」と呼ばれるものはニコチンを含みません。よって基本的には電子タバコに切り替えた時点で禁煙したことになります。

 

電子タバコを使った禁煙方法

禁煙方法自体は難しくありません。タバコを吸いたくなったら、電子タバコを吸うだけです。「タバコのあった場所」を「電子タバコで置き換える」感覚です。

 

最初から完全に電子タバコに切り替えるのが難しいようなら、紙巻タバコと併用しながら紙巻タバコの本数を減らしていきます。ニコチンの離脱症状が辛いようなら、ニコチン入りリキッドを使用することもできます。しかし日本では薬事法での規制により、海外から個人輸入するしかありません。

 

継続に必要不可欠な要素の一つに、小さな成功体験の積み重ねがあります。電子タバコを使用し始めたら、毎日の紙巻タバコの本数を決めておきます。1日に吸った紙巻タバコの本数を数えておき、確実に本数が減っていく事を目標とします。

 

表などを使って「数値化」しておく事が大切です。徐々に電子タバコへ移行していくという「体験」をしっかりと味わう事が、理想的な禁煙への流れかもしれません。

 

禁煙によって得られるもの

  • ガンや心筋梗塞などのリスクが軽減する
  • ヤニの付着や口臭が無くなる
  • 抜け毛が減る
  • 歯茎の健康を守れる
  • 肌にツヤやハリがでる
  • 味覚や嗅覚が敏感になる
  • 受動喫煙を防ぐことができる
  • お金が浮く

 

タバコをやめてもデメリットはとくにありません。禁煙を開始してから、5年から10年で肺がんのリスクが大幅に軽減されると言われています。禁煙は早ければ早いほど、得られるものも大きいと言えるでしょう。

 

 

まとめ

電子タバコで禁煙することは可能です。電子タバコには、禁煙を無理なく成功させる要素がたくさん含まれています。禁煙に失敗する原因と、電子タバコの特徴をしっかり把握することで、スムーズに禁煙生活に移行できます。

 

電子タバコの機種・パーツ・リキッドは、それぞれの種類が無数に存在します。禁煙生活をきっかけに、電子タバコの奥深い世界にハマる人もいる程です。禁煙目的だけでなく、長期的には趣味としての可能性もあることを視野に入れつつ、電子タバコを生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

使い捨て電子タバコランキング

使い捨て電子タバコランキングへ
トップへ戻る