電子タバコと加熱式タバコの違い

電子タバコと加熱式タバコの違い

ここ近年タバコのスタイルがじわじわと変わってきています。電子タバコや加熱式タバコの販売が始まり数年徐々に定着してきており、使用されている方を見かける機会も多くなってきました。

 

電子タバコと加熱式タバコの違いはご存知でしょうか?ここでは「電子タバコ」と「加熱式タバコ」の違いや、それぞれのメリット・デメリットにて説明したいと思います

 

電子タバコとは

電子タバコとは、タバコ型のカートリッジの中に液体のリキッドを入れ加熱することによって発生する水蒸気のみを吸うタイプのタバコです。煙の量は電子タバコの種類によって違いますが煙を吸って香りを楽しむので煙の量は多めです。

 

リキッドにはミントやフルーツまたメンソールなどの香りがついています。自分好みのリキッドを専門店や通販サイトで購入することができます。日本ではニコチンが含まれているリキッドの販売を禁止していますので、日本国内で販売されているリキッドにはニコチンやタールは含まれていないとされています。

 

日本では電子タバコの製造や販売に関しては規制されているため日本製はありません。そのため購入時には信頼できるメーカーを選ぶ必要があります。フレーバーも同様品質をしっかり確認する必要があります。日本ではニコチン入りのフレーバーは販売されていませんが、海外から個人輸入すれば入手できます。

 

電子タバコのメリット
タバコ特有の匂いがない

煙が発生しますが水蒸気はニコチンやタールではなくリキッドの香りなので嫌な臭いはありません。フレーバーによって多少甘い匂いが付くことがありますがタバコ特有の匂いはつきません。服などにも匂いがつきにくいです。

 

危険性は低い

タバコと違いニコチンやタールが含まれていないので、人体への影響は少ないとされます。もちろん、正規品の電子タバコ、リキッドを使用していることが前提です。

 

タバコよりもかかるコスパが低い

 

個人差はあるが禁煙に効果がある

タバコをすってもいいという安心感と煙がでることにより、喫煙している行為に対しての満足感が得られるため禁煙に効果があると言えます。リキッドの香りになれると従来の紙タバコを口にしたときの苦みに違和感を感じるようになると言われています、しかしこれには個人差があり絶対ではありません。

 

電子タバコデメリット
健康被害の影響が全くないわけではない

これはまだ販売が開始されて間もないため、健康被害に対する調査が完全ではないと言うことになります。

 

取扱い注意

組み立てタイプの電子タバコは、しっかり部品をしっかり閉めないと、リキッドが液漏れることもあります。電子タバコの先端が高温になり唇をやけどした事例があります。

 

海外では電子タバコを吸っている最中に本体の爆発が起こり、怪我をした事例がありましたが、これは安全回路が付いていないMODと呼ばれる上級者向けの電子タバコでした。現在販売されている電子タバコには安全回路が付いているので、爆発すると言った危険性はありません。

 

喉が渇きやすい

個人差があると思いますが、喉が乾くという声もあります。

 

加熱式タバコとは

加熱式タバコとはタバコの葉を燃やすのではなく加熱し水蒸気を吸うタイプのタバコです。専用のタバコ本体にヒートテック(タバコの葉をつめたもの)を差し込みます。煙はほとんどでません。加熱式タバコはニコチンを含んでいますが加熱することでニコチンやタールを平均90%は削減されると説明されています。

 

加熱式タバコのメリット
タバコの匂いが少ない

加熱タバコ独特の匂いがありますが紙タバコに比べると匂いは少ないです。

 

煙が出ないので受動喫煙のリスクは低い

受動喫煙のリスクが全くないわけではありません、水蒸気を吸って吐き出す時に口腔より微量の有害物質を吐き出している可能性があります、ただ煙がでない分リスクが低いと言えます。

 

加熱式タバコのデメリット
充電する必要がある

本体の種類によりかかる時間などに違いはありますが電気機器なので充電する必要があります。

 

喫煙後は毎回後処理が必要なタイプがある

紙タバコに慣れているので初めは面倒と感じる方が多いです。

 

故障しやすい

電気機器になりますのでやはり故障や不具合がでてくることがあります。保証は大体で1年なのでその後の修理などに関してはまだ表記されていませんので恐らく買い替えの手順になります。

 

加熱式タバコには現在3種類あります。それぞれタイプが違いますが、ヒートテックはコンビニなどで手軽に手に入ります。値段的なものは紙タバコと大差はありません。

 

電子タバコと加熱式タバコの今後

喫煙行為自体周囲の非喫煙者を巻き込む受動喫煙が問題とされてきました。近年の電子タバコや加熱式タバコの目まぐるしい進化と愛用者の数もますます増える事が予測されます。

 

今後研究も進み副作用などの問題もクローズアップされると思いますが、受動喫煙の問題は少し解消されてくるのではないでしょうか。しかし、煙が出ない、ニコチンを含まない水蒸気とは言え非喫煙者への配慮は今まで通り必要になってくると考えます。

 

よって電子タバコ、加熱式タバコ共に喫煙所での喫煙をマナーとする必要があります。喫煙を誘導するのではないかと懸念される声も上がっていることも事実です。

使い捨て電子タバコランキング

使い捨て電子タバコランキングへ
トップへ戻る