電子タバコが吸える場所

電子タバコを吸う場所に決まりはない?

路上喫煙防止条例など各自治体の条例や、公共機関のルールに触れなければ、ある程度自由に電子タバコを吸うことができると言えます。

 

しかし、場所を考えずに電子タバコを吸うことは、誤解やトラブルの原因となる場合があります。電子タバコに対する各自治体や公共機関の見解は様々です。

 

電子タバコを禁止している自治体や公共機関の見解
  • 電子タバコは紙巻タバコと同じ扱いである
  • 路上喫煙の禁止区域では喫煙行為(吸うこと)自体を禁止している
  • 列車内や駅施設の禁煙エリアでは電子タバコを禁止している
  • 喫煙行為に電子タバコを含めている

 

電子タバコを禁止していない自治体や公共機関の見解
  • 吸い殻をポイ捨てしないこと以外は、電子タバコに関しては特に規制していない
  • 規定はないが、吸う場所など周りに配慮した行為をお願いしている
  • 火のついたタバコのみ規制の対象としている
  • 吸う場所について決まりはないが、マナーを守って吸ってほしい。
  • 紙巻タバコを吸っているように見えるので喫煙所で吸うことをおすすめしている

 

各見解を見てみると、「電子タバコをタバコに含めるかどうか」が大きなポイントになるようです。

 

条例で禁止していない自治体や公共機関でも、路上や公共施設内では吸う場所を考えて、節度を守った行為を推奨していることが伺えます。

 

このような現状から、路上や公共施設内では電子タバコの使用はできるだけ控えたほうが無難と言えるでしょう。

 

路上や公共施設内で電子タバコを吸わないほうがいい理由

日本で販売されている電子タバコのリキッドには、ニコチンが含まれていません。香りのついたリキッドを加熱してその蒸気を吸うものです。ある程度認知されるようになったとは言え、日本ではその立場がまだまだ曖昧です。「電子タバコ」という名前が混乱を招いているのかもしれません。

 

タバコを吸わない人にとっては、電子タバコと紙巻きタバコの区別がつかないことがあります。発生する蒸気の見た目や香りに触れた時、紙巻きタバコのような有害性を連想させてしまうことがあるようです。

 

電子タバコを路上で吸っていて注意された時に、相手にタバコではないことを説明しても伝わらない場合があります。人によっては電子タバコの蒸気がかかるだけでも不快に思います。場合によっては、トラブルに発展するかもしれません。

 

禁止されていない場所でも、周りのことを考えて吸う場所を選ぶ必要があります。

 

電子タバコを吸う場所として禁煙席はどうか

レストランなどの禁煙席を利用する人の中には、タバコだけでなく香水など食事の際の周りの臭いに一際(ひときわ)敏感な人がいます。電子タバコのリキッドの臭いが食事中に漂ってくると、不快に感じる人がいるかもしれません。

 

また禁煙席で蒸気が出ていると、タバコの煙と間違われてトラブルの原因になることがあります。

 

たとえお店から禁煙席での電子タバコの利用が認められていたとしても、スタッフに迷惑がかかる場合があることも考慮すべきかもしれません。このように、現状ではまだまだ「タバコ」として扱われることが多いようです。

電子タバコを気兼ねなく吸える場所

電子タバコを吸う場所として、すぐに思い浮かぶのはどこでしょうか。

 

自宅、喫煙所、喫煙可能な飲食店、条例で禁止されていない人気の無い場所などが挙げられますが、電子タバコには専門店があります。

 

電子タバコが普及するにつれて、全国に専門店が増えつつあります。

 

専門店では電子タバコやリキッドの取扱いが豊富で、専門知識を持ったスタッフが運営しているところが多いです。

 

単に電子タバコを吸う場所としてだけでなく、愛好家同士の交流が盛んであったり、電子タバコのカルチャーを随時発信していたりと魅力的な運営がなされています。

 

その営業スタイルは様々で、電子タバコを気兼ねなく吸える場所として愛好家達に支持されています。

 

電子タバコ専門店の様々な営業スタイル
  • 電子タバコと共にお酒や食事も楽しめるバーやレストラン形式
  • 様々なリキッドの安全性が問われる中、信頼できるリキッドだけを常時取り扱っている
  • 女性目線を重視し、女性が気軽に入ることができる内装や雰囲気を重視
  • 禁煙をコンセプトに紙巻タバコのユーザーにアピール
  • 電子タバコ以外の各国の珍しい喫煙具も揃えている
  • 本体を持っていなくてもテイスティングが可能

 

専門店の良いところは、共通の趣味を通じて愛好家同士の交流が深まるところかもしれません。

 

また、バーやレストラン形式のお店であれば、電子タバコを吸わない人と一緒に利用することができるので便利です。

 

吸う場所を探して、屋外で肩身の狭い思いをする必要が無いのは利点と言えるでしょう。

煙(水蒸気)の量がトラブルを生む?

電子タバコの特徴の一つに煙(水蒸気)の量があります。本体の種類やカスタムの具合によって煙の量の調整が可能です。

 

これが電子タバコの愛好家の中で支持されて、大量の煙を使用したアートパフォーマンスが国内外で盛んに行われています。

 

電子タバコの煙の量が多いと、良くも悪くも視覚的に目立ちます。路上はもちろんのこと、喫煙所でもあらぬ誤解を受けることがあります。

 

また、煙(水蒸気)の量や重さによっては、火を使わない電子タバコでも火災報知器が作動することがあります。これは火災報知器の種類も関係していると言われています。

 

公共施設内で使用して、仮に火災報知器が作動した場合のことを考えると、吸う場所を考えない行為は非常にリスクを伴うものだと言えるのではないでしょうか。

使い捨て電子タバコランキング

使い捨て電子タバコランキングへ
トップへ戻る