電子タバコで喉が痛くなる

電子タバコと喉の痛みに関係性はあるのか?

結論から言うと、この二つには関係性があります。電子タバコを吸い始めてから、喉が痛い、あるいはイガイガが治らない、という人がいます。風邪のような症状で、喉に違和感があるというのです。

 

同時に起きている症状として、吸い込む蒸気のニオイが焦げ臭いというものがあります。電子タバコはリキッドを熱した際に出る蒸気を吸い込むものです。電子タバコ本体に何らかの原因があって、喉を痛めている可能性があります。

 

なぜ電子タバコで喉が痛くなるのか

電子タバコで喉が痛くなる原因の一つに「コットンの空焚き」があります。電子タバコには様々な種類がありますが、基本的には以下のような仕組みで動作しています。

 

電子タバコの仕組み
  1. リキッドをタンク内に入れる
  2. コイルの内部などに組み込まれたコットンに、リキッドが染み込む
  3. コイル(電気の力)がリキッドの染み込んだコットンを熱する
  4. 発生した蒸気を吸い込む
  5. コットンが乾く(コットン内のリキッドが少ない状態)
  6. 再びコットンにリキッドがしみ込む(毛細管現象)
  7. 以降、リキッドが無くなるまで3から6の繰り返し

 

コットンが乾くと、再びリキッドがコットンに染み込むまでに、少し時間がかかります。この工程を踏まずに、立て続けに電子タバコを吸ってしまうと、コットンにリキッドの供給が追いつきません。よって、コイルがカラカラのコットンを焼いてしまい、焦げた味やニオイの原因を作ることになります。

 

空焚きと呼ばれるこの現象は、水蒸気ではなく本物の煙を吸っている状態です。喉が痛くならない訳がありません。チェーンスモーキングの人が、紙巻タバコを吸う時と同じペースで電子タバコを吸ってしまう際に、よく見られる現象のようです。ドライヒットとも呼ばれます。

 

電子タバコで喉を痛めない方法

使い始めはすぐに吸い始めない

コットンにリキッドが十分に染み込むには、20分から30分はかかると言われています。新しく使い始めるものは、リキッドを入れてから時間をおくことでコットンにリキッドが馴染みます。

 

チェーンスモーキングやめる

蒸気の発生したコットンに、新しいリキッドが染み込むまでには少し時間がかかります。
立て続けに吸うことで、コットンの空焚きが起きます。
コイルが焼きついたり、焦げが発生することで喉を痛めないように、程よい間隔で吸う必要があります。

 

定期的にコイルやコットンを交換する

部品の交換は、各使用環境により大きく異なりますが、毎日使用するなら1〜2週間が目安と言われています。定期的にコイルやコットンを交換することで、電子タバコの味を一定に保つことができます。

 

リキッドの味が落ちたと感じると、無理に吸い方を変えてしまったりして、コイルに負担がかかる恐れがあります。味を一定に保つことが、結果的に喉を守ることにもつながるので、メンテナンスは大切です。

 

水分を多めにとる

紙巻タバコと違い、電子タバコの風味はコーヒー等との相性があまり良くないと感じる人もいます。結果、水分をあまり取らずに喉が乾燥してしまうようです。水などの、クセのない味のものと一緒に楽しむことで、喉の乾燥を防ぐことができます。

 

電子タバコのリキッドと喉の関係

電子タバコを正しく使用しても喉の違和感が拭えない場合、原因は体質にあるかもしれません。電子タバコのリキッドの主成分はVG(グリセリン)とPG(プロピレングリコール)というものです。この二つのリキッドの比率を調整して、様々な風味を出しています。

 

VG(グリセリン)

PGへの添加物としてよく使われる植物由来の成分

PG

目薬や化粧品類、食品添加物としてよく使われている

 

どちらも安全性が高いものと言われています。しかし、PGには体質的に喉の痛みや渇きを感じる人がいると言われています。アメリカにある食品医薬品局(FDA)には、PGによるアレルギーや喉の違和感などの症例が報告されているようです。電子タバコ自体が歴史の浅いものなので、まだまだ未知の部分は多いかもしれません。

 

普通のタバコで喉の炎症を起こしやすかったり、気管支炎などにかかったことがある人は注意が必要かもしれません。紙巻タバコを吸わない人でも、自分の体質を把握してから、電子タバコを楽しむのが得策と言えるでしょう。

 

まとめ

コイルやコットンは消耗品のため、定期的なメンテナンスが必要です。メンテナンスをすることで、リキッドの味を一定に保てます。リキッドの味が落ちたと感じると、無理に吸い方を変えてしまったりして、コイルに負担がかかる恐れがあります。

 

味を一定に保ち、コイルに負荷をかけないことが、結果的に喉を守ることにもつながります。その他にも、リキッドの成分が体質に合わないという人もいます。アレルギーや喉の違和感といった症例の報告もあります。電子タバコの安全性には、まだまだ未知の部分があります。正しい情報を選択し、最終的には自分の体質と相談して、使用の可否を選択する必要があります。

使い捨て電子タバコランキング

使い捨て電子タバコランキングへ
トップへ戻る