Vapeのサブオームとは?

電子タバコ「サブオーム」って何?

電子タバコをはじめた方なら一度は聞いたことある「サブオーム」。この言葉に興味を持ったら「Vape沼」の始まりといわれています。

 

では、サブオームとはいったい何か、どういう機種に搭載されているのか、買い方は?など初心者向けに詳しく解説します。

サブオームとは

ズバリ「サブオーム」とは電子タバコに使われているコイルの抵抗値が1.0Ω以下のモデルを示す言葉です。

 

抵抗値とは「電気の流れにくさ」のことで、電子タバコにおいてはコイルがこの役割を果たします。電子タバコのコイル種類は以下のようになります。

電子タバコのコイルの種類

  • ① ハイレジスタンス(抵抗値2.5Ω前後のコイル)
  • ② ローレジスタンス(抵抗値1.5Ω前後のコイル)
  • ③ サブオーム(抵抗値1.0Ω未満のコイル)

 

ひと昔前までは、機種の性能も低く、安価で高機能なバッテリーが少なかったこともあり、①や②などの1.0Ω以上のコイルが主流でした。

 

一般的に抵抗値の高いコイルは蒸気の量が少なく、リキッドがじっくり、ゆっくりと加熱されるので味が良く出るとされています。

 

一方サブオームコイルは抵抗が低い分、加熱するには高い電力が必要で、急激にミストを発生させるため、蒸気量が多く、味が飛びやすいと言われています。

 

昨今はトリック目的や爆煙自体を楽しむこと、サブオームでも味が飛ばない機種が発売され、どちらかというとサブオームコイルが主流となりつつあります。

 

ネットなどでよく見かける部屋が真っ白になるほど蒸気が出る電子タバコが正にサブオームの機種なのです。

 

サブオームコイルを扱うことで気を付けること

サブオームコイルは必要とする電力が大きいため、専用のバッテリーを使う必要があります。サブオームコイルに対応していない機種にサブオームコイルを取り付けて使用すると、最悪爆発するリスクがあります。

 

使用する場合はしっかりご自身の機種がサブオームコイルに対応している機種かどうかチェックしてから使ってくださいね。

 

またサブオームコイルは非常に多くの蒸気を発生させるので、メンソールリキッドなどを長時間吸っていると喉が痛くなってしまうリスクもあるので気を付けてください。

 

サブオームコイルが装着可能な代表機種

説明を読んでちょっと怖くなってしまったかもしれませんが、信頼できるメーカーの機種を正しく選べば大丈夫です。代表的な有名機種をご紹介しましょう。
※今から電子タバコをはじめる初心者向けとなります。バッテリーとアトマイザーがセットでお得なスターターキットです。

  • ① Aspire K4スターターキット (爆煙でも非常によく味がでます!)
  • ②Eleaf i stick Pico スターターキット (楽々出力コントロールの爆煙キット)
  • ③Joytech EVIC Basicスターターキット(カラバリ、小型サイズのかわいい爆煙キット)

全て楽天、Amazonで取り扱いがあります。値段も1万円を切る価格で購入できるので、是非トライしてみてください。

 

いかがでしたか、時代は進化し、味と爆煙が両方楽しめる機種がたくさんでてきました。この機会に是非サブオームコイルで楽しい電子タバコライフを送りましょう。

 

使い捨て電子タバコランキング

使い捨て電子タバコランキングへ
トップへ戻る