Vapeで「逆流」を防ぐ方法

電子タバコでリキッドが「逆流」する原因とは?

電子タバコ(Vape)において、リキッドが逆流することを「スピットバック」と言います。逆流する原因は、主に吸い方が悪いことが理由です。以下の通り、詳しく見てみましょう。

 

スピットバックが起こりやすい吸い方

①リキッドを入れ替えた後の最初の一服

②コイルが温まっていない状態の最初の一服

③新しいコイルに交換した時

④パフボタンを押している時間と、蒸気を吸っている時間が同じとき

以上が、スピットバックが発生しやすいシーンです。①~③については、同様の対処方法で大丈夫です。いずれも原因は、コイルに供給されるリキッド量と、熱せられ、気化して出ていく蒸気の量が合っていないことで「ジュルジュル」と筒の中にリキッドが余ってしまっている状態です。

 

まずは、パフボタンを押して、コイルを温めましょう。そして2~3秒でコイルが温まってから少しずつ、ゆっくり吸うようにしてください。次第にジュルジュルがおさまって、逆流しなくなります。

 

また、④の原因ですが、これは吸い方を練習するしか術がありません。筆者もよくやってしまいますが、吸い終わる時間とパフボタンを押している時間が同時だったり、パフボタンを押している時間の方が長かったりすると、気化した蒸気がまだ筒に残っているのに、冷やされて液体に戻ってしまいます。

 

そうすると、①~③の原因と同様、供給されるリキッドの方が多くなってしまい、ジュルジュルと逆流してしまいます。

 

ある程度で慣れると思いますので、電子タバコを吸う場合は、必ずパフボタンを押している時間よりも、吸いこむ時間の方を長くしましょう。例えるなら、ストローにまだ残っているジュースを最後まで吸いきってしまうという感じです。

 

吹き返しによるリキッド「漏れ」

電子タバコを吸ってある程度慣れてくると、逆流を嫌うあまり「吹き返し」をしてから吸う人がいます。吹き返すことで、筒の中の蒸気や液体が取り払われるので、逆流には確かに効果的ですが、個人的にはあまりおススメしません。

 

というのも、そもそも電子タバコには「エアホール」という穴が開いていて、そこから外気を取り入れて、蒸気と混ぜて吸う機械です。吹き返しは、筒の中の液体をタンクに戻すだけでなく、タンクにたまっているリキッドまで、エアホールを通じて外に出してしまうので、タンク周りがベトベトになってしまいます。

 

経験のある人ならお分かりだと思いますが、逆流と同じくらいとても「嫌な」現象です。しかも、ニコチン入りリキッドを吸っている方であれば、すぐに拭きとらないといけないため、より面倒くさいと思います。

 

スピットバック防止は「吹く」のではなく、「吸い込む」ことで解決しましょう。

 

ちょっとした吸い方のコツをマスターして、逆流(スピットバック)と漏れを無くして、気持ちよく電子タバコを楽しみましょう。それでも逆流してしまう場合は、タンクの蓋がきちんとしまっているか、ヒビ割れが無いかなど、タンクの状態を疑ってみましょう。

 

使い捨て電子タバコランキング

使い捨て電子タバコランキングへ
トップへ戻る